follow us in feedly
follow us in feedly

タックスミックス

Posted by on 2015年11月5日

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「タックスミックス」の意義について。

タックスミックスとは、国家における租税歳入構造のおける所得税・法人税・消費税などといった各種税目の構成割合の現状を示す概念として用いられます。

その一方で、タックスミックスとは、所得・資産・消費といった異なる担税力の測定基準を適度に組み合わせ、租税歳入全体のバランスをとり、適正な租税歳入構造を構築すべきであるという考え方そのものを指す場合もあります。

我が国では後者の意味で用いられる場合が多いようです。

そもそも担税力の指標として所得・資産・消費にはそれぞれ一長一短があります。たとえば、所得は累進税率構造や所得控除の制度を用いることにより富の再分配効果を発揮し、いうなれば、垂直的公平の実現を図るために有益であるといわれていますが、所得の捕捉漏れなどの欠点も併せもっています。

資産は捕捉という観点では優れていますが、その価値の評価が困難という短所を有します。

消費は、いわゆる逆進性の問題が生じます。

したがって、それぞれをバランスよく課税ベースに用いることが全体としてそれぞれの短所を補うことになり、欠点を最小化することになるから、タックスミックスの考え方は重要であるといわれています。


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加