follow us in feedly
follow us in feedly

レジについて1

Posted by on 2015年10月4日

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「レジについて」

レジには大きく分けて電子レジスターとPOSレジの2タイプに分けられると思います。

それぞれの特徴について考察しましょう。

<電子レジスター>

電子レジスターは従来型のレジスターだと思いますが、基本的に、会計を行うために計算する機械であるということができます。
1日の売上の合計や分類ごとの売上を把握できるものが一般的です。価格も比較的安価であるといえます。
特徴としては、ボタンの数が少なく、比較的取り扱いやすいのですが、一方で、機能面で劣り、売上データや顧客データを販売促進やマーケティングに利用するという目的からはいささか頼りないと感じざるを得ません。

<POSレジ>

POSとは(Point Of Sale)の略で、直訳すると、販売時点という意味ですが、POSシステムやPOSレジを省略してPOSと呼んでいるようです。
要するに、POSレジとは、たとえば洋品店などの小売店の場合、売上が発生する時点(お客様が商品をお買い上げになる時点)で、その買上げ商品の値札に付与されているバーコード情報をスキャナー(読み取り機)で瞬時に読み取り、その商品の部門、品名、値段などを画面に表示しシートに印刷します。
それと同時にレジ本体の記憶部(メモリー)に各種情報を記録します。
その記録されたデータを集計分析し、売れ筋や売れ筋でない商品を一早く正確に見つけ出し、商品を迅速に補充し、不良在庫商品等を値下げなどで処分し、店舗の在庫の回転を図ることを可能ならしめる売上商品管理であるということができそうです。

また、いつ、どこのお客様がどんな商品を買って頂いたなど(顧客層と売れ筋商品の把握)を記憶させ、集計することによりお客様に対するサービスの向上や、売上データを分析して売上の確保や顧客満足度を上げることに役立たせることも可能です。

POSレジは、使い方次第でマーケティングや顧客管理など様々な観点から経営に役立てることができるツールだと思います。
たとえば、分析機能を利用すれば、お客様にDMを送ったり、店舗の内装やレイアウトの改善など、販売促進に売上データを活用することも可能ならしめます。

したがって、POSレジを導入してデータを把握し、お客様とのつながりを大切にすることはもはや必須事項であるともいえるのかもしれません。

 


※免責事項
当事務所のホームページの「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報等」で提供している各種ニュース及び情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加