follow us in feedly
follow us in feedly

経営のポイント1

Posted by on 2015年9月22日

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「経営のポイント1」について。

経営のポイントと一言で申しましても、いろいろあるかと存じます。直感派や理論派などによっても考え方は分かれるでしょう。

当ブログでは、経営のポイントを何回かに分けてご紹介できたらと思います。(もちろん私見ですので、あくまでご参考程度にということで)

1.直感を信じてはいけない!

直感でお店を出し、それで成功した人もたしかにいるのでしょう。しかし、厳しいことを言うようですがそれでは、多くは失敗すると思います。一部の成功例を信じて真似て開業するのは危険です。

成功するにはやはり理由がなくてはなりません。因果関係と言い換えてもよろしいかと存じます。成功の陰には、綿密な計画、マーケティング、資金繰り、市場調査、立地調査、競合店の調査など様々な調査を経て初めて成功の可能性が出てくるのです。これらですら、成功を確約するものではなく、あくまで成功の可能性を高める要素でしかありません。

直感でお店を出すのは危険極まりないと思われます。めんどうくさがらずに、真摯に努力を積み重ねるそれが成功への第一歩のように考えられます。

2.経営者・営業マンとしての自覚をもつ

これは自戒を込めていうのですが、料理の味や技術(経験)と経営者としての経験は別物です。料理の味がよいからといってお店が成功するかといったこととはまた別の要素を含んでいます。もちろん、飲食店を開業するうえで、料理の味や技術(経験)が高いというのは大きなポイントですし、むしろ、成功の第一条件かとも思われます。

しかし、飲食店を経営するうえでは、経営を無視した料理を提供していたのでは、継続的安定は期待できません。たとえば、高品質な原材料を使用した料理を低価格でお客様に提供するなど。これらは、一見すると悪いことには見えませんし、これならお客様も入るでしょう。しかし、経営をするからには利益を出す必要があります。その利益の中から様々な経費(事業をより安定的かつ効率的に運営していくためのもの)を捻出していくわけです。当然その中から経営者の給与も確保しなくてはいけません。

また、営業マンとしての能力も必須でしょう。お店を開いたからには、仕入先などとの取引もあります。いかに安く提供してもらえるか交渉するなどの状況も考えられます。また、お客さんが入らなければいかに料理が美味しくても意味がありません。これらの事態に対応するためにも営業マンとしての自覚を持つべきでしょう。

経営者の方々に言いたいのは、優秀な料理人=優秀な経営者ではないということです。職人気質に偏って、経営を疎かにしないで頂きたいということです。お店で雇われで働いているときは、料理の味や技術(経験)だけでも成功できたかもしれません。しかし、経営者になったからにはそれにプラスして、経営者としての資質も欠かせません。それだけではありません。営業マンとしての能力も必要でしょう。開業するならば、経営や営業などの知識も必要であることを、当たり前ながらあえて、提言させて頂きました。

かくいう私の営む税理士事務所も飲食店と全く同じだと感じております。事務員として雇われの時は税務・会計の技術や知識(経験)が大いに役に立つのでしょうが、いざ、経営者になってみると最初はその経験を発揮する場すら与えられない(お客様がいないため)。経験を発揮するなら、まずはお客様を開拓しなければならない。そのためには経営やマーケティングの努力が必要不可欠であり、それは、1日や2日で結果が出るような生易しいものではないものを痛感しております。もっと経営者たる勉強と努力をしなくてはと、自戒を込めてこのテーマを取り扱ってみました。

経営者は、経営者であり、技術者であり、営業マンであり、企画者であり、総務であり、経理者であり・・・要するにすべての要素を兼ね備えていなければならないと考えています。


※免責事項
当事務所のホームページの「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報等」で提供している各種ニュース及び情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加