裏書の連続

Posted by on 2015年10月31日

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「裏書の連続」の意義について。

1.意義

最初の権利者から所持人まで、受取人が第1裏書の裏書人となり、その被裏書人が第2裏書の裏書人となるといったように、直前裏書の被裏書人が次の裏書の裏書人となって続いていることをいいます。被裏書人の記載が白地でもよいとされています。裏書の連続の有無は、証券の記載から形式的に判断されますから、連続する裏書の中に偽造の裏書など無効又は取り消された裏書が介在していたとしても裏書の連続を害さず、また、抹消された裏書は裏書の連続の関係では記載しなかったものとみなされます。

2.効果

法は裏書の連続があると、それに対応する権利の移転があったものと推定して、その証券の所持人を権利者と推定します。
規定上は適法の所持人と「みなす」となっていますが、それは適法の所持人と推定するという意味であると一般には解されています。したがって、
第1にその者は自分の権利を証明しないでも、権利を行使することができます。むろん、例えば、手形を盗取した者が裏書を偽造して裏書の連続する手形の所持人となっても、手形上の権利者となるわけではありませんが、それでも権利者と推定されるため、債務者はその者が無権利者であることを立証しなければ請求を拒むことができないことになっています。
第2に、裏書の連続する証券の所持人から裏書により証券上の権利を譲り受けた者は、譲渡人が無権利者であっても、悪意・重過失がない限り、証券上の権利を取得することになっています。
第3に、債務者は裏書の連続する手形の所持人に履行すれば、その者が無権利者であったとしても、悪意・重過失がない限り免責されることになっています。

3.裏書の不連続と権利行使

裏書の連続がなければ、上述の効果は認められませんが、裏書の連続の欠けた部分について、実質的に権利が移転したことを立証すれば、権利行使をすることが可能となります。


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加