follow us in feedly
follow us in feedly

遺産取得税

Posted by on 2015年11月17日

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「遺産取得税」の意義について。

遺産取得税とは、相続税の課税方式の一つで、遺産を取得した者の取得財産価額を課税標準として課税する方式をいいます。

課税根拠は、相続という偶然性の高い機会に基づく不労所得に対する課税であるという考えで、いうなれば、所得税法にいう一時所得の課税に類する一種の所得税であるという見方もできるという思考です。

また、個人は、すべて経済的に機会均等であることが望ましく、その意味では個人が財産を無償取得した場合には、その一部を租税という形で国が吸い上げることが必要であるとするものであります。

我が国では、シャウプ勧告以来、この方式を採用していますが、遺産分割の仕方によって税負担が左右されることから、昭和33年に各相続人が法定相続分により財産を取得したと仮定した場合の税額の合計額を相続税の総額とする法定相続分課税方式を加味した形式となっています。

遺産課税方式では、一般に、課税客体は相続又は遺贈により取得した財産であり、納税義務者は相続人または受遺者となります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加