中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「監査調書」の意義について。 1.監査調書 被監査会社と監査契約を結び監査業務を開始してから監査報告書を作成する過程において、監査人が入手した資料や作成した記録、書類などを総称したものをいいます。 監査の実施とその管理を行うため及び次期以降..." />

※免責事項
当事務所の税務会計ニュース及びお役立ち情報における各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。 したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及び各種情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

監査調書

監査調書

10月/13 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「監査調書」の意義について。 1.監査調書 被監査会社と監査契約を結び監査業務を開始してから監査報告書を作成する過程において、監査人が入手した資料や作成した記録、書類

監査

監査

10月/5 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「監査」の意義について。 1.監査 監査とは、監査対象から独立した第三者が依頼を受けて監査対象の行動や成果について検査、評価し、その結果を報告することをいいます。 ①

環境会計

環境会計

10月/5 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「環境会計」の意義について。 1.環境会計 企業が主に環境保全を目的として、環境保全活動及び環境に対する影響を計算し会計的に処理することをいいます。 環境会計を導入す

仮勘定

仮勘定

10月/5 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「仮勘定」の意義について。 1.仮勘定 取引はすでに発生しているものの、処理する勘定科目や金額が確定していない場合、一時的に用いる暫定的な勘定をいいます。仮払金、仮受

課税取引

課税取引

10月/5 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「課税取引」の意義について。 課税取引とは、消費税が課される取引のことをいいます。 消費税の対象となる取引は、事業者が国内において事業として対価を得て行う資産の譲渡、

課税所得

課税所得

10月/5 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「課税所得」の意義について。 課税所得とは、税金を算出する前段階の税率を乗じるべき所得のことをいいます。 課税対象となる所得であり、法人税法では会計上の利益に申告調整

会計期間

会計期間

10月/5 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「会計期間」の意義について。 企業は、損益計算上、一定期間を区切り、その期間の業績を算定します。当該期間のことを会計期間といいます。 年1回決算の場合には、期首から期

会計監査

会計監査

10月/5 By

中野区の税理士で飲食店に強い会計事務所の三堀貴信です。「会計監査」の意義について。 1.会計監査 会社、団体などの会計記録を対象として実施される監査のことをいいます。制度として実施される会計監査としては、証券取引法及び会

会計方針

会計方針

9月/21 By

中野区の会計事務所(飲食店が得意)の税理士・三堀貴信です。「会計方針」の意義について。 1.会計方針 企業が採用する会計処理の原則及び手続並びに表示の方法をいいます。有価証券や棚卸資産の評価基準・評価方法、固定資産の減価

株式会社

株式会社

9月/16 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「株式会社」の意義について。 社員(出資者)の地位が、株式という細分化された、かつ、出資額を限度とした有限の責任しか負わない会社法上の会社の形態の1つです。そのうち、資本金5

国税不服申立制度

国税不服申立制度

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「国税不服申立制度」の意義について。 2016年4月1日以後の処分から新しい国税不服申立制度が施行されます。 行政不服審査法が改正されたことに伴い、国税通則法も改正され、20

株式を売却した場合

株式を売却した場合

2月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「株式を売却した場合」の意義について。 株式を売却した場合、確定申告が必要となる場合があります。確定申告が必要になる主なケースとして以下のものが挙げられます。 たとえば、平成

個別法

個別法

1月/14 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「個別法」の意義について。 個別法とは、棚卸資産を評価する方法の1つで、個々の資産について、棚卸を行い評価する方法です。 売上に対応される原価が、その商品自体の原価(いわゆる

固定性配列法

固定性配列法

1月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「固定性配列法」の意義について。 固定性配列法とは、借方は、固定資産を最初に、流動資産を後に記載して、貸方には、自己資本(株主資本)から記載をして、負債は固定負債を上に、流動

固定資産の流動化

固定資産の流動化

1月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「固定資産の流動化」の意義について。 土地以外の固定資産は、減価償却により取得原価を期間配分することになります。 配分された原価は、その期の収益から回収されます。毎期これを繰

国庫補助金

国庫補助金

1月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「国庫補助金」の意義について。 国庫補助金とは、国が科学技術や農業などの振興のために交付する補助金をいいます。 国庫補助金は法人税法上の圧縮記帳が認められています。 ※免責事

ゴーイングコンサーンの会計

ゴーイングコンサーンの会計

1月/12 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「ゴーイングコンサーンの会計」の意義について。 企業活動が半永久的なものであると考えるとするならば、会計もそのような永続的な企業活動を前提として行う必要があります。 元来、ゴ

公準

公準

1月/8 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「公準」の意義について。 公準とは、元来、哲学上の概念で、「要請」ともいい、辞書的な意味としては、「公理のように自明ではないが、証明不可能な命題で、学問上または実践上、原理と

鉱業権

鉱業権

1月/8 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「鉱業権」の意義について。 鉱業権とは、鉱業法の規定により、政府の登録を受けた土地や地区において、鉱物を採掘する権利のことをいいます。 ※免責事項 当事務所の「税務会計ニュー

公開会社(会社法)

公開会社(会社法)

1月/8 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「公開会社」の意義について。 公開会社とは、一般的な用語としては、会社の株式が一般の投資家に広く分散所有されている会社、とりわけ、証券取引所に上場されている会社のことをいいま