follow us in feedly
follow us in feedly

※免責事項
当事務所の税務会計ニュース及びお役立ち情報における各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。 したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及び各種情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

配偶者控除

配偶者控除

10月/17 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「配偶者控除」の意義について。 <所得税法における配偶者控除等> 配偶者に関係する控除には、配偶者控除・老人配偶者控除・配偶者特別控除の3つがあります。一定の要件を満たす配偶

配当控除

配当控除

10月/17 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「配当控除」の意義について。 配当控除は、国内における二重課税を排除するために設けられた制度です。 配当控除の原資は企業の利益です。企業の利益は配当をする前に、すでに法人税が

配当所得税額控除方式

配当所得税額控除方式

11月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「配当所得税額控除方式」の意義について。 個人株主の段階における法人税と所得税の調整方式で、日本では所得税の計算において、総合課税を選択した場合には、税額控除としての「配当控

発生主義

発生主義

11月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「発生主義」の意義について。 発生主義とは、会計原則の一つで、現金の収入や支出に関係なく、収益や費用の原因事実が発生した時点で、収益や費用を計上しなければならないとう原則をい

発生主義2

発生主義2

9月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「発生主義2」の意義について。 発生主義とは、費用、収益の認識基準の1つです。 費用、収益を発生の事実に基づいて認識するものです。 発生とは、企業において経済的価値の増減が生

反面調査

反面調査

11月/26 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「反面調査」の意義について。 反面調査とは、納税義務者等の納税義務に係って、支払調書や源泉徴収票等を提出する義務のある者や、納税義務者等と取引関係のある者を相手方として行われ

非貨幣性資産

非貨幣性資産

9月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「非貨幣性資産」の意義について。 非貨幣性資産とは、貨幣性資産以外の資産、すなわち、投下資本がまだ回収されていない「財」の状態にある資産を指します。例えば、原材料、半製品、建

必要経費

必要経費

11月/13 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「必要経費」の意義について。 必要経費とは、所得を得るために必要な支出であり、所得税法では、事業所得、不動産所得、雑所得の金額の計算上、総収入金額から控除される経費のことをい

備忘価額

備忘価額

9月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「備忘価額」の意義について。 通常の減価償却を行うと、まだ使用できるにもかかわらず帳簿価額がゼロになることがあります。こうした場合に、この資産を簿外資産とせずに、1円とか10

費用収益対応の原則

費用収益対応の原則

11月/16 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「費用収益対応の原則」の意義について。 費用収益対応の原則とは、企業の期間損益を計算する場合の基本的な原則とされており、期間損益は相互対応する費用と収益を比較することにより、

費用配分の原則

費用配分の原則

9月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「費用配分の原則」の意義について。 費用配分の原則とは、費用収益対応の原則に基づき、資産の取得原価のうち、当期に費消した部分につき当期の費用として処理し、費消していない部分を

平等取扱原則

平等取扱原則

11月/5 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「平等取扱原則」の意義について。 平等取扱原則は、憲法14条の法の下の平等が命ずる重要原則であります。法を正義の理念に従い立法したとしても、等しい状況にある者に対して、異なる

賦課課税方式

賦課課税方式

11月/24 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「賦課課税方式」の意義について。 賦課課税方式とは、課税庁が納税義務者に対して、課税額を決定通知することによって税額が確定する方式です。 我が国では、個人住民税をはじめ、多く

付加価値税

付加価値税

11月/18 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「付加価値税」の意義について。 付加価値税とは、多段階一般消費税のうち、各取引段階の付加価値に対して課税を行うものをいいます。 付加価値とは売上時の販売価格と仕入時の購入価格

不確定概念

不確定概念

10月/24 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「不確定概念」の意義について。 <税法上の不確定概念> 憲法84条では「新たに租税を課し、または現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要

不確定概念の形式基準

不確定概念の形式基準

10月/25 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「不確定概念の形式基準」の意義について。 税法では様々な不確定概念があります。 とはいえ、不確定概念の中には、法令や通達などにより、数値によるおおまかな基準が設けられているも

不課税と非課税

不課税と非課税

12月/9 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「不課税と非課税」の意義のついて。 消費税には、課税売上のほかにも、非課税売上と不課税売上(課税対象外)があります。 非課税売上とは、土地や株式などの消費税法の別表第1、第2

複式簿記

複式簿記

9月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「複式簿記」の意義について。 簿記には、単式簿記と複式簿記の2種類があります。 単式簿記が家計簿のように、現金の増減の結果だけを示すものであるのに対し、複式簿記は1つの取引を

負債性引当金

負債性引当金

9月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「負債性引当金」の意義について。 負債性引当金とは、貸借対照表の負債の部に掲げられる引当金をいいます。法的な債務であるか否かを問いません。 現在の企業会計原則では、評価性引当

附帯税

附帯税

11月/21 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「附帯税」の意義について。 附帯税とは、主たる租税債務に附帯して生ずる従たる債務であって、本来の意味における租税とは異なります。 本税に附帯して徴収されることから附帯税と称さ