follow us in feedly
follow us in feedly

※免責事項
当事務所の税務会計ニュース及びお役立ち情報における各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。 したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及び各種情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

退職所得

退職所得

10月/17 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「退職所得」の意義について。 <退職所得> 退職所得とは、退職によって、勤務先から受ける退職手当や一時恩給などの所得のことをいい、その主なものとして以下のものが挙げられます。

台帳課税主義

台帳課税主義

11月/20 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「台帳課税主義」の意義について。 固定資産税は、その年の1月1日(賦課期日)現在、固定資産課税台帳に登録されている固定資産の所有者に対して課税されます。 地方税法では、固定資

第2次納税義務

第2次納税義務

10月/24 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「第2次納税義務」の意義について。 本来の納税義務者が、税金を滞納した場合や、税務署が滞納処分を行ってもなお徴収すべき税額に不足を生じる場合には、その納税義務者の一定の共同事

第二次納税義務者

第二次納税義務者

11月/8 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「第二次納税義務者」の意義について。 第二次納税義務者とは、本来の納税義務者が租税を滞納し、その財産に滞納処分を執行してもなお徴収すべき額に不足が生じる場合に、本来の納税義務

滞納処分

滞納処分

11月/27 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「滞納処分」の意義について。 滞納処分とは、国や地方団体などの徴収権者が、滞納者の財産から租税債権の回収を強制的に実現する手続きであり、督促を前提とする財産の差押え、差押財産

多段階一般消費税

多段階一般消費税

11月/18 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「多段階一般消費税」の意義について。 多段階一般消費税とは、特定の物品やサービスの消費に限定せず、原則としてあらゆる物品・サービスの消費全般を課税対象とする消費税(一般消費税

タックスシェルター

タックスシェルター

11月/6 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「タックスシェルター」の意義について。 タックスシェルターとは、一般的には租税回避の手段を意味し、国内法の組み合わせや抜け穴を、また国家間の法律の食い違いなどを利用して税負担

タックスヘイブン税制

タックスヘイブン税制

11月/17 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「タックスヘイブン税制」の意義について。 タックスヘイブン税制とは、内国法人のうち一定の要件を満たすものが、いわゆるタックスヘイブン(軽課税国)にある外国子会社等を利用した国

タックスミックス

タックスミックス

11月/5 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「タックスミックス」の意義について。 タックスミックスとは、国家における租税歳入構造のおける所得税・法人税・消費税などといった各種税目の構成割合の現状を示す概念として用いられ

棚卸計算法

棚卸計算法

9月/12 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「棚卸計算法」の意義について。 棚卸資産の出庫を帳簿に記録せず(入庫の記録は行う)、期末の在庫調べ(棚卸)によって当期の費消数量を計算する方法をいいます。 当期にどれだけの棚

棚卸資産1

棚卸資産1

10月/20 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「棚卸資産1」の意義について。 棚卸資産とは、商品、製品、半製品、原材料、仕掛品などの資産で、棚卸をすべきもののことをいいます。 <取得価額> 棚卸資産の取得価額

棚卸資産2

棚卸資産2

11月/16 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「棚卸資産2」の意義について。 棚卸資産とは、費用配分の手続きによって、翌期以降の売上原価として、棚卸をすべきものとされる資産をいいます。 棚卸資産の範囲については、法人税法

棚卸減耗

棚卸減耗

9月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「棚卸減耗」の意義について。 棚卸資産について、保管したり、運搬しているうちに滅失、破損、漏洩、紛失、蒸発、腐敗、変質などにより数量が減少することをいいます。 これによる帳簿

単一性の原則

単一性の原則

9月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「単一性の原則」の意義について。 企業会計原則一般原則には、以下のように書かれています。 「株主総会提出のため、信用目的のため、租税目的のため等種々の目的のために異なる形式の

担税力

担税力

11月/5 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「担税力」の意義について。 担税力とは、租税を支払うことができる税負担能力のことをいいます。その名のとおり、税を担える能力ということもできます。 租税公平主義は、担税力に応じ

地価税

地価税

11月/20 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「地価税」の意義について。 地価税とは、地価税法により、その年の1月1日において国内に土地及び借地権等を保有する個人又は法人に対して課税される国税のことを言います。 地価税は

地方税

地方税

10月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「地方税」の意義について。 地方税とは、都道府県や市区町村の歳入となる税金をいいます。 前者を都道府県税といい、その主なものとしては、道府県民税・事業税・不動産取得税・自動車

地方税条例主義

地方税条例主義

11月/5 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「地方税条例主義」の意義について。 地方条例主義とは、地方自治の本旨に基づき行われる地方税の賦課徴収は、住民の代表である議会の制定した条例によらなくてはならないという原則です

地方税の窓口

地方税の窓口

10月/31 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「地方税の窓口」の意義について。 地方税は、地方税法に基づき、地方公共団体が課税する税金です。 地方公共団体とは都道府県や市町村をいいます。なお、地方税は法律で課されますが、

中間財務諸表

中間財務諸表

9月/16 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「中間財務諸表」の意義について。 1年決算の会社が証券取引法に基づき半期報告書を作成する場合、会社の状況を表すため記載する財務諸表で、中間損益計算書及び中間貸借対照表、中間株