follow us in feedly
follow us in feedly

※免責事項
当事務所の税務会計ニュース及びお役立ち情報における各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。 したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及び各種情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

飲食店の税務調査

飲食店の税務調査

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「飲食店の税務調査」について。 飲食店の税務調査は、もちろんその調査官によって様々ですが、一般的にまずチェックされる主要なポイントは以下のものがあげられると思われます。 ①売

所得税法基本通達36-38の2はだれに適用されるか

所得税法基本通達36-38の2はだれに適用されるか

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「所得税法基本通達36-38の2はだれに適用されるか」について。 これは源泉所得税に関する規定ですので、法人、個人を問わず適用されます。ただし、個人事業主本人については、自分

残業者に対する夜食代の給与課税について

残業者に対する夜食代の給与課税について

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「残業者に対する夜食代の給与課税」について。 残業者に対して支給する夜食代(金銭支給なし)は、回数にかかわらず、給与課税されません。 しかし、夜食に代えて残業者に支給する金銭

いわゆる「つけ」の時効

いわゆる「つけ」の時効

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「つけ」の時効について。 債権には時効がありますが、飲食店におけるいわゆる「つけ」の時効は、いままで短期消滅時効が適用されていましたが、短期消滅時効が廃止され、「権利を行使で

クレジットカードによる売上

クレジットカードによる売上

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「クレジットカードによる売上」について。 お客様がクレジットカードで料金を支払った場合、売上はいつ計上することになるのでしょうか? クレジットカードによる売上は売掛金です。売

領収書等

領収書等

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「領収書等」について。 飲食店は領収書が多くなりがちです。領収書等の帳票類はきちんと整理保存しましょう。整理したうえで、各種帳簿書類と突合することができること、つまりは、検証

現金・預金の管理

現金・預金の管理

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「現金・預金の管理」について。 ①レジには釣銭だけを入れておくようにする。余分なお金は銀行に預けておく(毎日) ②現金売上金は、翌日に、全額銀行に預け入れるようにすること。毎

棚卸

棚卸

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「棚卸」について。 飲食店は、棚卸すべきものがたくさんあって大変ですよね。経営管理上は毎月棚卸を行ったほうが、よろしいかと思われますが、税務上は決算時に行えば大丈夫です。決算

飲食店の税務調査

飲食店の税務調査

9月/7 By

中野区の税理士「飲食店に強い」の三堀貴信です。「現金商売の税務調査」について。 飲食店などの現金商売については、現在のところ、経営者様及び税理士に事前通知を行わないで、税務調査が行われることが多いようです。これも現金商売