follow us in feedly
follow us in feedly

増税延期に伴う消費税の軽減税率の見直し

Posted by on 2016年9月6日

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。注目の税務会計ニュース「増税延期に伴う消費税の軽減税率の見直し」について。

 

消費税の増税の延期が発表されて久しいですが、今回は、「消費税の税率アップに伴う軽減税率」の見直しについて。

消費税が10%にアップされると軽減税率というものが採用されるという話でした。

軽減税率とはなにかというと、簡単にいうと、消費税の課税対象ごとに税率を事細かに決めていこうという考え方だと言えます。
たとえば、食料品は8%で、他の商品は10%などというような例が該当します。

2016年9月6日現在、当然消費税の軽減税率は採用されてはいないのですが、将来において採用されようとしています。

実際、今回消費税の税率が変更されていたら、それに伴い軽減税率も導入されていたと思われます。

結論から申しますと、軽減税率には反対と言わざるを得ません。消費者、事業者ともに何のメリットもないと考えられるからです。

軽減税率の問題点はいくつもありますが、その中でも特に影響を看過することができないものをピックアップしたいと思います。

まずは、問題点としては以下のようなものが生じる可能性があります。

①事業者の事務処理の負担が増えるということ
これについては当然の帰結かと思われます。商品ごとに税率が異なれば当然に事務処理も煩雑化していきます。

②消費者にとって分かりずらい
租税は明瞭・簡潔をもって理想とする側面があります。商品ごとに税率が異なることは消費者に混乱と困惑をもたらす虞れが大きいと思われます。
(たとえば、水に係る消費税なら、清涼飲料水なら税率据え置き、水道水は10%に税率アップなど)

③インボイス制度の導入
これが一番の問題と考えるのですが、インボイス制度というものが導入されるものと思われます。インボイス制度とは、適格請求書等保存方式といわれるもので、「インボイス方式」は、課税事業者が発行するインボイスに記載された税額のみを控除することができる方式をいいます。

これのどこが問題かというと、インボイス制度が導入されたとすると、以下のような問題点が生じると思われるからです。
(ア)インボイス方式では、「免税事業者は「インボイス」を発行できないしたがって、免税事業者からの仕入れについて仕入税額控除ができない。 」とされています。免税事業者からの仕入等については、仕入税額控除ができないわけですから、取引をする相手は課税事業者にしようとすることによる、免税事業者の取引からの排除の虞れがある。

(イ)上記(ア)の問題については、免税事業者は、課税事業者を選択することにより、回避することは可能であると思われるが、このことは、本来免税事業者であるものが課税事業者を選択することを意味し、消費税法における免税事業者の規定を有形無実化させる弊害がある。

以上のような問題が生じる可能性があります。

以上の点から、軽減税率及びそれに伴うインボイス制度の導入については全面的に反対です。税率は単一税率にするべきであり、消費税の控除についても従来通りの方法(領収書等)で十分だと思われます。
個人的には、インボイス制度を導入することによる免税事業者の課税事業者選択に伴う増税効果でも狙っているのかという考えを、惹起させるものと思われます。このことは、換言すれば、「目に見えない増税」ともいえるのではないでしょうか。

税理士政治連盟も、税制改正要望として、連盟をあげて、消費税の軽減税率の見直し、インボイス制度の取りやめ(現行の請求書等保存方式の維持)を全力を挙げて進めてくれています。

我々消費者もこのような事実に目を向けて、政治に注目し、消費税が正しい方向に進むように厳しく政治を監視するべきであると思います。

みなさんはいかがお考えでしょうか。(^◇^)


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加