follow us in feedly
follow us in feedly

IT導入補助金について

Posted by on 2018年9月17日

中野区の会計事務所・税理士の三堀貴信です。「IT補助助成金」について。

IT補助助成金とは、中小企業や個人事業者に対するITツール導入支援の一環として経済産業省主導の下行われている制度です。ITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図るものだそうです。

第三次公募期間は、2018年9月12日(水)~2018年11月19日(月)とされています。
IT補助金HP参照

一定の要件に該当する場合には、これら助成金により取得したITツール等につき、法人税法42条に規定する圧縮記帳の適用が認められているとのことです。
今回のケースの場合は、国庫補助金等に該当するものとして、圧縮記帳の適用が認められているものと思われます。

圧縮記帳は、税金を減額するものではなく、あくまで課税繰り延べであり、売却時等にはその繰り延べ額が解消されるものであるという点に注意が必要かと思われます。


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加