follow us in feedly
follow us in feedly

「配偶者控除」の廃止で家計負担はいくら増えるのか

Posted by on 2016年9月28日

中野区の税理士・会計事務所(飲食店に強い)の三堀貴信です。「「配偶者控除」の廃止で家計負担はいくら増えるのか」について。

政府が夫婦控除なるものを検討しているようです。

以下、ヤフーニュースより引用抜粋

『国は来年2017年度の税制改正として、以前から議論されている「配偶者控除」の見直しを現在検討しています。・・・(中略)・・・政府は税の公平性を保つため配偶者控除に替わる別の控除の検討を進めています。それが「夫婦控除」です。これは、夫婦であれば原則条件なしに適用されるものです。
これに関連して、「夫婦控除」を「所得控除」から「税額控除」に、また、現在すべての納税者に一律38万円(住民税は33万円)適用されている「基礎控除」を「税額控除」に改める等の検討が行われているようです。・・・(後略)・・・』

以上のように掲載されています。

夫婦控除なるものは、基礎控除を現在の所得控除ではなく、税額控除にしようとしているようです。
政府は税の公平性を保つためといっていますが、基礎控除を税額控除にするというのがそれでしょうか。

所得控除はそもそも憲法に規定する最低生活費の保障としての意味合いをもっています。安易に改正するべきものではないと思われます。増税の趣旨で安易に改正しようとしているのならば厳に慎まなければならないと思うのですが。

みなさんはいかがお考えでしょうか。


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加