還付申告

Posted by on 2016年2月6日

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。今週の税務会計ニュース。「還付申告」について。

確定申告は、原則として、2月16日から3月15日までが期限となっていますが、還付申告書については、2月16日まで待たなくても提出することが可能です。

還付申告とは、簡単にいうと、払いすぎた税金(所得税)を返してもらう手続きですが、一般的によくあるのが、医療費控除などです。

医療費が一定の金額以上ならば医療費控除を受けることによって、払いすぎた所得税の還付を受けることができます。

なお、還付申告は、翌年の1月1日から5年間受け付けてくれます(たとえば、昨年や一昨年の医療費控除忘れたから、その分はもう医療費控除できない、などと諦める必要はないということです)。

還付申告は、払いすぎた所得税(一般には給与所得に係る源泉所得税など)を返してもらうための手続きですが、その主なケースとして以下のものが挙げらます。

①医療費控除やふるさと納税の適用を受ける場合
②住宅ローン控除が適用される1年目(1年目は確定申告が必要です)※住宅ローン控除の詳細 国税庁HPリンク
③年末調整のときに控除すべきものがもれていた場合(たとえば、配偶者控除や生命保険料控除など)
④災害、盗難などによって、資産に損失を受けたとき(雑損控除)
⑤特定の寄附をした場合
など

以上のような場合に還付申告が可能となります。

払いすぎた税金がある場合は、還付申告により、税金が戻って来る可能性があります。税金って戻って来ると嬉しいですよね(*’▽’)

還付申告って素敵♡ (^◇^)


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加